GSX-R600~記録簿~

GSX-R600に乗るアラフォーライダーによる記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ninja250R パワコマ5 燃調セッティングのその後……

チョコチョコ走っては数字の入力をして燃調合わせを頑張ってきました。(過去記事参照)

しかし体感で、しかも微小な数字の変化で合わせていこうとしてもなかなかうまくいきません。

『ショップからのマップデータの提供を受けて、それをベースに変更していく』

これが一番合わせ易いように思います。さらにセッティングを業者に委託すると完璧ですが、セッティング料は5万を越えますので、おいそれと頼めるものでもありません。

マップデータの提供を受けた後、サブコンの機種の違いがあるため、回転数とアクセル開度の両方を記載出来る表を作成しました。

ショップからはスペシャルエージェントのネゴシエーター
※アクセル開度……5%毎
回転数……500rpm毎

手持ちはパワーコマンダー5
※アクセル開度……0,2,5,10,15,20,40,60,80,100%毎
回転数……250rpm毎

こうして表を作成すると、空白の場所が出てきますので、前後の数字を参考に入力して表を埋めていきます。

まずはこれで提供されたマップデータに忠実な変換マップの完成です。この状態で走ってみると、一気にバイクの性格が変わります。

ところが、高回転からアクセル全閉し、そこからほんの軽くアクセル入力すると『パァーンッ!!』という轟音が(^^;

中回転~高回転域でのアクセル低開度部分の燃調が薄いという事ですね。

つまり、全体的に薄いということになります。

そこで、アフターファイヤが発生した部分を中心に、全体的に濃くしていきます。

低回転~中回転域は抑え目に濃く、流速の早い高回転域は少し思いきって濃くして走ってみると、アフターファイヤがかなり抑えられた事に加え、明らかにトルクとパワーの変化が現れました。

おそらくこれまでで1番燃調が合ったのでしょう。乗っていて速くなったのが明確にわかるくらいですから。

まずはこの変化したマシンにしっかりと慣れていき、予算の都合がついたらすぐにでもパワーチェックへ出向きたいと思います。








Android携帯からの投稿
スポンサーサイト
  1. 2012/09/10(月) 08:44:00|
  2. カスタム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーベリック フルエキ マップ導入完了




クラフトアルマジロから提供してもらったマーベリック フルエキゾーストのマップデータ。

鈴鹿参戦中のチームからの提供ということですが、もらったのはスペシャルエージェントの【ネゴシエーター】というサブコンのマップ。私が使ってるのはPC5。

とりあえずマップの数字については互換性は有ると考えても良さそう。

その根拠は、どちらも『純正に対して増減〇%』という補正方法であるため。

ただ、ネゴシエーターはアクセル開度が細かく、PC5は回転数が細かく設定できる。

間の数字は濃いか薄いかの『傾向』を見ながら調整してみました。

今後はこのマップをベースにして細部の調整です。

近々パワーチェックへ行ってきます。提供してくれたチーム車両と私の車両の吸気のセッティングはほぼ同じだそうですが、個体差の大きい車両ですからね~。

う~ん、カワサキクオリティ(笑)




Android携帯からの投稿
  1. 2012/09/06(木) 22:06:00|
  2. カスタム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Ninja250 Ninja300 仕様比較

■Ninja250
●最高出力:32PS/11000rpm(※仕向地・IDN/MYS/PHL)31PS/11000rpm(※仕向地・AUS/THA/S.E.ASIA)
●最大トルク:2.1kgf・m/10000rpm(※仕向地 ・IDN/MYS/PHL)2.1kgf・m/8500rpm(※仕向 地・AUS/THA/S.E.ASIA)
■Ninja300
●最高出力:39PS/11000rpm
●最大トルク:2.8kgf・m/10000rpm

ちなみにこのNinja300ってばスリッパークラッ チついてるそうな!!スポーツ走行をする才能はN inja400Rを上回ってくるかも!?


Android携帯からの投稿
  1. 2012/09/06(木) 09:38:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Ninja250R MAVERICKフルエキゾースト

先日、鈴鹿ツインでの転倒により、エキパイとテールパイプの接続部が変形してしまい、デビルのサイレンサーはもちろん破れてしまうという目も当てられない状態に……


通勤車両である私のNinja250Rは、やたらと「ポン!ポン!」と鳴るようになり、これはさすがに交換しなければ……と思い知らされてしまいました。もはやこうなっては燃調もクソもない(^_^;)


いずれはフルエキへの換装は必須と考えていたので、常にどれがいいか考えてきました。


候補は…

1、言わずと知れた高性能マフラー「PENSUKE フルエキゾースト」

2、2010年のネオスタでデビュー&ウィンの結果を出し、レース管としては元々有名な「MAVERICK フルエキゾースト」

3、同じく鈴鹿で結果をだしている「kurodaya PRO-1 VECTOR フルエキゾースト」

…以上の3つ。


通勤車両として最適なのは「1」。しかし中古ではなかなか出回っておらず、タイミング良くオークションに出ていたが競り負ける…orz


残すところは「2」か「3」。


MAVERICKの特徴は「燃調はゼロマップが最適」という点。燃調の手間が省けるというスグレモノ!!


PRO-1 VECTORにあっては現状はわかりませんがKurodayaさんのHPでサーキット毎のマップデータを発表してくれる(?)らしい。


マフラーの特性はどちらも同じような内容で、中速域に重点をおいている模様。


ひたすら悩んだ結果、選んだのがMAVERICK。


完全「ど」ノーマル車両において、一切燃調も触らないのがベストな燃調であるというこのマフラーであれば、おそらく燃調セッティングもシンプルに済みそうですし、行き詰れば純正状態に戻すだけでいい。購入後の経済性は明らかにMAVERICKに軍配が上がるのではと思います。


注文して届いたのがこちら↓


当然ですがキチンと梱包されており、しかも当然ですが軽い(笑)


取付は毎度のことながら写真はありません(笑)でも一応文章にはしておきます。


取付作業前に準備として右ロアカウルのみ外します。次にエンジンとの接続部となるフランジのナットを緩めていきます。ここを緩めたらつぎはサイレンサーハンガーを固定しているボルト&ナットを緩めます。最後にフレーム下側にある取付ボルトを緩めます。


次は上記の順番でボルトやナットを取り除き、エキパイ&サイレンサーの取り外しにかかります。


取り外す時にエキパイをこじらないように気を付けましょう。


取り外しが完了したら次は取り付け。まずはエキパイと集合部の中間パイプを組み、フランジの固定。今回、ここでえらい苦労をしました(笑)。フランジの穴が合わず、ヤスリで約20分間の格闘開始!!0コンマ数ミリ単位の作業をし、やすっては嵌め・嵌めては外してやするを繰り返していました。


ようやく取り付けれるサイズの穴になり取り付け、次はそこへサイレンサーを差し込んでサイレンサーバンドを固定。



まぁこんな感じです。


走ってみたところ、ある2点でアフターファイヤが発生することと、4000rpm固定からのフルスロットルの反応が少し鈍い事を除いては問題なし。


バイクが軽くなったような印象を受けます。やはりスリップオンとは違いますね!!そのうちまたパワーチェックへ行こうと思います。


Android携帯からの投稿

  1. 2012/09/03(月) 23:09:00|
  2. カスタム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ninja300R




北米と欧州仕様は【Ninja300R】だそうで、300ccエンジンだそうです。

日本向けには【Ninja250】として、R抜きのモデルチェンジですが、あちゃらの方ではパワー不足解消を思い切って排気量アップという手法を採用したんでしょうね~。

日本だと車検かかるし、Ninja400Rと被っちゃいますな(笑)



Android携帯からの投稿
  1. 2012/09/01(土) 13:58:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。