GSX-R600~記録簿~

GSX-R600に乗るアラフォーライダーによる記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ninja250R クランクケース減圧バルブ








ブログをおやすみ前にカスタムネタを1つ(笑)

以前取り付けたこの【クランクケース減圧バルブ】ですが、写真1枚目の下のやつです。上の部品は関係ありません(笑)

日産自動車の純正品な訳ですが、取り付けの向きは何でもいいとの事でした。こういったアイテムは本来は入り口は上で出口を下に向けるのがベストらしいですが、今回は水平に設置しております。

取り付けにあたっては、クランクケース~出口付近に減圧バルブ~エアクリボックスです。Ninja250Rに元々ついているブリーザーホースの真ん中をカットして、そこに減圧バルブをポン付けしました。

…で、取り付けて2週間ほど経過した訳ですが、先日チェックしたところ、エアクリボックスにかなりエンジンオイルを吸い上げており、ブリーザーラインに乳化したオイルがビッシリ!!エアクリボックスのオイルドレンの窓も真っ白(^^;

ドレンとブリーザーホースを取り外すとオイルが垂れてきました……orz

そこで、ブリーザーホースの取り付け穴とドレンにそれぞれパーツクリーナーをぶちこんで、オイルが抜けるのを待ちました。

この間に、ホムセンへ走りいくつかお買い物。ホース1mとオイルさしとホース径に合う三ツ又ジョイント。

帰宅して、それらを繋げていきます。

クランクケース~減圧バルブ~新規ホース~三ツ又ジョイントの順です。次に三ツ又ジョイントの下にオイルさしをオイルキャッチとして取り付け。オイルさしの蓋部分のみを固定します。ここにオイルが溜まったら、入れ物を回せば外れるので掃除が楽。

そしてジョイントから先はエアクリボックスです。

オイルキャッチまでの距離が少し長いので、この間に気化したオイルが冷えれば、オイルキャッチに溜まってくれるのではないかなぁと淡い期待をもっています(^^;

そして今思うこと。それは、バルブの取り付け位置をオイルキャッチよりエアクリボックス寄りにすべきだったと……orzまた時間のある時にでもやります。

ちなみに効果のインプレですが、エンブレは確かに弱まります。驚きます。高回転時のスムーズさは…わかりません(笑)



Android携帯からの投稿
スポンサーサイト
  1. 2012/03/05(月) 13:52:00|
  2. カスタム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Ninja250R クランクケース減圧バルブ part2 | ホーム | 暫くおやすみ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teamonmitsu.blog.fc2.com/tb.php/126-007b607b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。